人間には消化できて犬にはできないものってなに?

カナガンは愛犬家の口コミから広まっただけあって我が家の愛犬ももれなく

カナガンをおいしそうに食べてます

人間には消化できて犬にはできないものってなに?


カナガン

 

良く犬と人間では必要な栄養が違うから、人間が食べるものを犬に与えてはいけない、ということを聞きます。

 

人間が口にできるものですから安全で、犬でも食べられそうですが、何か違いがあるのでしょうか。
そのひとつが、消化酵素の違いです。

 

犬にはない消化酵素として、唾液アミラーゼがあげられます。

 

この唾液アミラーゼは、デンプンを分解する消化酵素で、アミラーゼがデンプンに作用することで加水分解が起きて、麦芽糖やブドウ糖を経てから小腸より吸収されていきます。
しかし犬の場合は、この唾液アミラーゼを持たないことからデンプンの分解は苦手です。

 

ただし、アルファ化デンプンだけは分解することが可能です。

 

このことから、アルファ化されていない穀物が多く含まれるドッグフードを大量に食べ続けることで、消化不良を引き起こし、体調が良くなくなって行ってしまうのです。

 

このことから、もともと肉食である身体に合わせて、穀物のデンプンを含まないグレインフリーのドッグフードが誕生していきました。

 

このようなドッグフードの炭水化物源としては、サツマイモが多く使用されています。

 

またこれ以外にも歯の形状の違いや、腸の作りの違いから、肉食が合っているのか野菜などの食物繊維を多く含むものが向いているのかなどの違いが見られます。

 

腸の形状に関しては、消化吸収の早い肉食を主とする動物は短く、野菜や穀物などの消化に時間がかかる食物繊維の多い食物を主とする動物は、長い腸を持っています。
愛犬を持つ飼い主は、大事にしたいという思いからつい人間と同じものを与えたくなる人もいます。しかし、このような違いがある以上、何を与えればよいか正しい知識をもって餌をあげることが大切です。

 

この記事に関連する記事一覧

カナガンドッグフード公式ページはこちら

定期コースなら最大20%OFFで購入できます!


▼▼▼


最近の投稿
カテゴリー