手作りドッグフードの作り方

カナガンは愛犬家の口コミから広まっただけあって我が家の愛犬ももれなく

カナガンをおいしそうに食べてます

手作りドッグフードの作り方


カナガン

最近では、犬の健康を配慮してドッグフードを手作りしている方が増えてきています。

 

バリエーションも豊かで、見た目も人間用のメニューのように多彩です。
そのうち、簡単にできるレシピの一つが、蒸し鶏と野菜を使った作り方です。

 

材料として鶏胸肉とキャベツ、ニンジンとしめじ、ブロッコリーを使います。

 

鶏胸肉は開き、薄くスライスします。

 

合わせて野菜もそれぞれ犬が食べやすいサイズに切ります。ブロッコリーについては下茹でをして、鶏胸肉は中の方までしっかりと蒸しましょう。

 

下準備ができたら、フライパンに植物油を少量入れ、野菜を炒めます。

 

そこに湯を足したら、一度煮立たせ、好みで片栗粉を加えます。炒めた野菜に、蒸し上がった鶏胸肉を合わせたら、盛り付けをして手作りドッグフードの完成です。
もう一つの犬用レシピは、牛肉をトマトで煮込むレシピです。

 

牛肉とトマト、ピーマンにジャガイモ、ニンジンを材料として用意します。

 

ここでも全ての材料を犬にとって食べやすくなる大きさにカットします。牛肉とジャガイモ、ニンジンは柔らかく煮ておきます。そこにトマトとピーマンを加えて煮込み、盛り付けをして完成です。
犬に与える量の目安としては、肉または魚など動物性のタンパク質をメインにして、そこに別な食材を加え、全体のバランスを良くすることが大切です。

 

一般的に、動物性タンパク質に野菜、炭水化物の割合が、動物性タンパク質3割から5割、野菜3割から5割、炭水化物1割から3割が目安です。

 

また、消化がしやすいようにすることも大事です。

 

材料を加熱し、鶏肉や魚の骨はしっかり取り除き、消化不良を引き起こさないように注意します。全体量の目安は、犬の頭に合う帽子を想像し、その中にすっぽり入る程度の量が目安になります。

 

この記事に関連する記事一覧

カナガンドッグフード公式ページはこちら

定期コースなら最大20%OFFで購入できます!


▼▼▼


最近の投稿
カテゴリー