カナガン 口コミ

カナガンは愛犬家の口コミから広まっただけあって我が家の愛犬ももれなく

カナガンをおいしそうに食べてます

ヘルニアになりやすい犬


ヘルニアになりやすい犬種は以下の通りです。
(ミニチュア)ダックスフンド、ビーグル、シーズー、チワワ、ヨークシャ・テリア、ジャック・ラッセル・テリア、ポメラニアン、ウェルシュ・コーギー、フレンチ・ブルドック、アメリカンコッカースパニエル、ペキニーズ、バセット・ハンド、ジャック・ラッセル、トイ・プードル、パピヨン、キャバリア、ラサアプソ、パグ

などがヘルニアになりやすい犬種となります。

 

ヘルニアの症状とどのようにして起きるのかを簡単に言うと、椎骨の間にある軟骨(椎間板)が通常、脊椎に掛かる負荷を軽減するクッションの役割を果たしています。

 

この椎間板が加齢や遺伝等の影響で脆くなると、クッションの役割を十全に果たすことが出来なくなります。

 

そうすると椎間板内部の髄核が外へ飛び出し、脊椎や神経根を圧迫することで痛みや麻痺が起こります。
加齢とともに、大型の犬もヘルニアになりやすくなるのですが、先に列挙した小型の犬種の場合は若齢であってもヘルニアのリスクが高くなります。

 

(ミニチュア)ダックスフンドに至っては3割近くが生涯の内、椎間板に関わるトラブルを起こすとも言われています。
小型犬の場合はその身体的な構造から負荷が掛かりやすく、ヘルニアの発症リスクが高まるのですが、身体的な構造以外にもヘルニアのリスクは高まります。

 

ソファーからの飛び降りや滑りやすいフローリングのお宅で飼われていること、段差がある所の昇降を繰り返すことも脊椎に掛かる負荷を大きくします。

 

その他にも肥満や屋外での激しい運動、負荷の掛かりやすい砂利道やコンクリートなどを長時間歩くことも脊椎に負荷を掛けます。
上記のほとんどが生活習慣であり、負荷そのものを無くすことは出来ません。

 

そのため出来る予防法としてはフローリングならカーペットを敷いてあげる、適切な食事管理をして肥満にならないようにしてあげる、屋外でフリスビーや散歩などの運動をする際は芝生や土のある運動公園などクッションのある所を利用し、なるべく脊椎に負荷の掛からない所で運動をするなどが挙げられます。
繰り返しとなりますが、犬の生態や生活習慣を考えると負荷をゼロにすることは出来ませんし、そのように無理をすることで別のリスクを抱えることになります。

 

大事な家族の一員として、リスクと向き合い上手く付き合うことが飼い主には求められています。

成犬になってからの犬のしつけは難しい?


カナガン

 

一般的に犬のしつけは子犬のうちが肝心だと言われています。

 

しかし、飼い主にやる気と根気があれば、成犬でもしつけをすることは可能です。

 

方法は子犬にするのと同じです。

 

ただトイレトレーニングなどは、子犬よりも成犬は覚えるのに時間が掛かるかもしれません。
基本的に犬は、自分より優れた群れのリーダーに従う動物です。

 

しつけの出来ていない犬は、自分の方が飼い主よりも上だと思っている場合が多いので、まずはそこから教えなくてはいけません。
人間もそうですが、犬にとっても成犬になってから、今までの習慣を変えるのはとても難しいです。
時間が掛かってもいいので、必ず飼い主の方がリーダーだと教えましょう。

 

それさえ出来れば、犬に取ってリーダーは絶対的存在なので、しつけもしやすくなります。
まず、主従関係は散歩で教えましょう。

 

犬の思い通りの歩かせないことが大事です。

 

犬が飼い主よりも、先に行ったら立ち止まるか、方向転換をします。

 

犬が動かなくなった場合は、多少強引にでも引っ張って、歩くことを促します。

 

散歩のコースも毎回変えると良いです。

 

犬は混乱するかもしれませんが、この方法は主従関係が出来やすいです。
犬を叱る時は、すぐに叱って下さい。

 

時間が経過してからから叱っても、犬はなぜ叱られているのか理解出来ません。

 

褒める際にはおやつを効果的に使うことをおすすめします。

 

リクエスト通り出来たら、少しだけおやつを与えるといいでしょう。

 

カロリーのこともありますので、おやつの与え過ぎには要注意です。

 

少し大袈裟なくらいに褒めてあげるのも忘れないで下さい。

 

リクエスト通りに出来ないからと言って、暴力を振るうのは逆効果です。飼い主を怖がって、別の問題が出て来る恐れがあります。
世間的には子犬時が重要だと言われていますが、病気などがない限りは成犬でも可能です。

 

ただ時間は掛かると思います。しつけの出来ていない犬は不幸なのです。人間社会で生きていく行く以上、最低限のマナーを身につけさせることは飼い主の義務です。

あつ〜い夏がやってきた!犬の熱中症対策


カナガンドッグフード

近年では、夏場になると気温が高く、晴れている日などは暑すぎてバテてしまいます。

 

また、熱中症などにかかる人も年々増加傾向にあるため、熱中症対策は必須といえるでしょう。
しかし、熱中症にかかるのは、人間だけではありません。ペットとして飼っている犬でも、人と同じように熱中症にかかることもあります。

 

そのため、気温が高い時には、ペットに対しても対策をする必要があります。
人の場合には、外出時だけでなく、自宅などの室内にいても症状がでることがあります。

 

それは、湿度などが高く、動いていなくても汗として水分と体力などを奪われてしまうことで症状として現れます。

 

気温が高く湿度が高い時期、梅雨時期には、室内においても油断することができません。

 

そのため、定期的な水分の補給が必要で、水やスポーツドリンクなどで水分を補いましょう。
犬の場合でも、湿度や気温が高い状態が続くと、室内でも脱水症状やバテてしまうため、室内で、風通しのいい場所を確保して犬に提供してあげるといいでしょう。

 

風通しがよく適度な涼しさを保つことで、対策となります。
また、外出する時は昼間の気温が高い時間帯などは避け、ある程度日が落ちてから、または早朝などに犬の散歩をするといいでしょう。

 

犬の場合には、人間と違い、地面から体が近いため、照り返しなどの暑さの影響を受けやすいので、人が耐えられる程度の暑さ、この程度ならバテないだろうと、ペットを人と同じ視点でみるのはよくありません。

 

照り返しの暑さを人より受けやすいため長時間、外にいるとそれだけでも熱中症になってしまうことがあります。

 

外出時には、気温や日差しの強さなどには十分注意して、行動するようにしましょう。

タグ :

コラム

人間には消化できて犬にはできないものってなに?


カナガン

 

良く犬と人間では必要な栄養が違うから、人間が食べるものを犬に与えてはいけない、ということを聞きます。

 

人間が口にできるものですから安全で、犬でも食べられそうですが、何か違いがあるのでしょうか。
そのひとつが、消化酵素の違いです。

 

犬にはない消化酵素として、唾液アミラーゼがあげられます。

 

この唾液アミラーゼは、デンプンを分解する消化酵素で、アミラーゼがデンプンに作用することで加水分解が起きて、麦芽糖やブドウ糖を経てから小腸より吸収されていきます。
しかし犬の場合は、この唾液アミラーゼを持たないことからデンプンの分解は苦手です。

 

ただし、アルファ化デンプンだけは分解することが可能です。

 

このことから、アルファ化されていない穀物が多く含まれるドッグフードを大量に食べ続けることで、消化不良を引き起こし、体調が良くなくなって行ってしまうのです。

 

このことから、もともと肉食である身体に合わせて、穀物のデンプンを含まないグレインフリーのドッグフードが誕生していきました。

 

このようなドッグフードの炭水化物源としては、サツマイモが多く使用されています。

 

またこれ以外にも歯の形状の違いや、腸の作りの違いから、肉食が合っているのか野菜などの食物繊維を多く含むものが向いているのかなどの違いが見られます。

 

腸の形状に関しては、消化吸収の早い肉食を主とする動物は短く、野菜や穀物などの消化に時間がかかる食物繊維の多い食物を主とする動物は、長い腸を持っています。
愛犬を持つ飼い主は、大事にしたいという思いからつい人間と同じものを与えたくなる人もいます。しかし、このような違いがある以上、何を与えればよいか正しい知識をもって餌をあげることが大切です。

最近の投稿
カテゴリー