カナガン 口コミ

カナガンは愛犬家の口コミから広まっただけあって我が家の愛犬ももれなく

カナガンをおいしそうに食べてます

不動の人気プードルの故郷はフランス。現代のおしゃれ犬からは想像しずらいけど実は水鳥猟犬だった・・・


おしゃれカットとあの毛むくじゃらに包まれているつぶらな目が何とも言えないプードル。

 

日本でも三本の指に入るくらい不動の人気ぶりで、どこの街に行っても見かけることが多いですね。

 

そんなプードルの故郷はフランスだった・・・と、とある雑誌を読んでいて目に止まったので
備忘録として残しておこうと。

 

一部抜粋になりますが、、、

 

いかにもフランス人好みのおしゃれなショー・トリミングが魅力のプードル。

 

原産国はドイツという説が強いのは、ドイツ語でプーデル(Pudel)と呼ばれるこの犬の名が、同じくドイツ語の
Puddeln(水中でバシャバシャ水しぶきを立てる)からきているとも考えられているからだそうです。

 

ドイツにいたころのプードルは、ハンターが撃ち落としたカモなどを水に入って回収してくるのが仕事の水鳥猟犬だったそうです。

 

胸の部分が長い豊富な毛で覆われているのは、水の中の作業で心臓を守るためだったとのこと。

 

そして、下肢にある丸型の毛は関節の保護のため、胴体部分の毛が刈り上げられているのは、泳ぎやすくするためだったらしいです。

 

納得・・・ですね。

 

水鳥猟から解放された後に、フランスへ入り、もっぱらおしゃれで優雅に整えられていったんですね。

 

尾っぽの先の丸いボンボンはおそらくフランス人の考案によるもの。

 

このようにして16世紀ごろからフランスの貴婦人たちの間で人気者になっていったスタンダード・サイズのプードルが
ひとまわり体の小さなミニチュア・プードルの生みの親になっていき、18世紀にはさらに小さなトイ・プードルが作られて
このトイがいっそうご婦人たちから愛着を持たれたということだそうです。

 

こうして、ワンちゃんたちの今に至る歴史を知るのも楽しいものだと思いました。

タグ :

由来

最近の投稿
カテゴリー